様々な事情によって本業のほかにアルバイトをされている人や、アルバイトやパートについて掛け持ちしている人がいるのが事実でしょう。

アルバイトでもきちんと仕事をすること

アルバイトの掛け持ちで確定申告は必要か

様々な事情によって本業のほかにアルバイトをされている人や、アルバイトやパートについて掛け持ちしている人がいるのが事実でしょう。この場合に関しては、税務上はどのような取り扱いになっていくのでしょうか。はじめに、税法上において、個人による儲けに課されていく税金のことは所得税法によって取り決められており、所得税法においては、役員や正社員、非正規雇用やアルバイト、パートといわれる就業形態にとらわれることなく、給与所得といわれる区分において所得を計算していくことになり、一律に給与所得者といった取り扱いになるからです。

また、所得を計算していく場合における大原則に関しては以下の2点であり、・年収で計算すること、・計算期間に関しては1月1日から12月31日までとしていくことがあります。つまり、正社員としての給与400万円のほかに、友人によって経営している会社より役員給与100万円をもらっているといわれる場合には、400万円+100万円=500万円を年収として所得に計算していくことになり、レストランや居酒屋のアルバイトを掛け持ちといった場合には、その両者について合計した年収によって所得を計算していきます。